トレチノインの効果と副作用について

肌がきれいな女性

トレチノインは、ビタミンA誘導体の一種です。
もともとニキビ薬としてアメリカで使われていました。
強力な皮膚のターンオーバー促進作用があることから、シワやシミを改善するクリームに配合されていることがあります。
通常、皮膚の一番表面にある表皮の細胞はその一番深い層で生まれてから、徐々に表面に押し上げられていき、最後は垢となって皮膚からはがれ落ちます。
この一連のサイクルを皮膚のターンオーバーと呼びます。
皮膚にできるしみはどのようにしてできるものなのでしょうか。
これは表皮の一番深い層にメラニン色素が沈着することでできてしまいます。
メラニンはメラノサイトという細胞で作られます。
一般的な美白剤はメラノサイトがつくるメラニン色素の量を減らす効果はありますが、現在沈着しているメラニン色素を外に出すような作用はありません。
そのため効果はあまりないのです。
トレチノインはこれとは違って、表皮の深い層にあるメラニン色素を外に出す効果があります。
トレチノインには表皮の細胞を活発に増殖させる作用があります。
これによってメラニン色素といっしょに表皮の細胞が押し上げられていき、約2~4週間でメラニン色素を皮膚の外へ排出することができます。
トレチノインに副作用があるのでしょうか。
使用することで赤くなったり、ぽろぽろと角質が取れるなどの皮膚炎が起こります。
これは薬が体質にあっていないためにおきる反応ではありません、そのため適度な範囲内であれば心配する必要はありません。
ただとくに反応が強いときは使用を控えるしかありません。
副作用をさけるためにはいきなり高濃度のものを塗布するようなことは避けます。
いきなり高濃度のものを塗布すると皮膚への刺激が強すぎて、ソバカスなどの原因になります。
またトレチノインの副作用で肌のバリア機能の低下があります。
そのため日中は紫外線対策が必須になります。